エントランス

またまたご無沙汰な洋平です…。
ブログを更新しなさいと、お客様からお叱りの言葉を頂きまして。
ホント申し訳ありませんm(__)m

エントランスとは「入り口」という意味ですが、今日は何だかそんな言葉がアタマの中をぐるぐると回っていたのです。生きて行く中で人はたくさんの「入り口」に出会うわけなんですけど、ドアノブを回すか否かはその人次第で、選択のしかたで大きく未来が変わってくるものですよね。

とある友人はエリートの肩書きを投げ打って芸術の世界へ身を投じました。

とある友人は安息を求めて帰郷し、家族を持ちました。

とある友人は日本に憂いを覚え、海外に骨を埋める決意をしました。

とある友人は真実を追うがあまり、社会的信用を失いかけました。

とある友人は病気で片足を失いましたが、すてきな笑顔をしていました。

身を置いている世界にはたくさんのドアが転がっていて、彼らは僕が手をかけるのを今かいまかと待ち構えています。それらを見ずに大きな布に包まれているのはらくちんです。僕もその布の中でぼんやり泳ぎ回っていたわけですが、落雷のような瞬間とともに世界が大きく変わろうとしています。…というか変わりましたね、何度も。

あなたにもそんなことがあるでしょうね。過去にもこれからも。
さてさて、眠くてわけがわからなくなってきましたが…^^;
何が言いたいかというとね、

希望という入り口を探し、
決意という入り口を探し、
決断という入り口を開く。

ということです。求めることで人は何かを得るのですが、このステップはとても大事だと思うのです。各々の中にうごめく思いとか、考えとか、心の揺らぎは時に迷路のように入り組んでいるのですが、それが大事なんです。僕は思慮を重ねた上で、そのときどきで最高の決断を下してきたつもりです。それは後悔を生まず、僕の中に自信と輝きをもたらしてくれています。一緒に湧き出るネガティブな心も、消し去る為に現れるものと捉えてまた力にかわりますしね。

3ステップ踏むと、少しだけ人生楽しいかもしれません(^o^)
それではね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2007/12/04 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. こうそん より:

    洋平さん暫くぶりだね。
    お元気でしたか?
    「エントランス」なかなか良い言葉ですね。
    でも、人生には同じ意味でEXITということも当てはまるかもしれません。
    山あり、谷ありでその都度、希望、決意、決断がされていくのでしょうね。
    でも、そういう過程を定義付けしていくことは、疲れませんか?
    少し肩の力を抜いて、リラックスした考えは如何でしょうか。それが音楽に生かされれば
    また違った味が出るかもしれませんね。

    相田みつお先生の”人間だもの”の人間観には共感することが多いし好きですが、そんな音楽をいつか聞かせてくださいな。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像