大阪フィル万歳★

昨日のブログで予告の通り、大阪フィルハーモニー交響楽団のコンサートに行って参りましたよ!!…大フィルは何回か拝見していますけれど、今日は自分の思い入れもあってか「大感動」でかなりゴキゲンです♪

チェロのジャン・ワン氏、…驚異的でした。
生で聴くと次元の違いがハッキリわかってしまいますね。
どうしたらあんな爆音が…!というくらい音が大きいのに、表現の幅が広くて温かい。そしてセンシティブな演奏ももちろんハイレベル…。さすが、世界を股にかけるほどのチェリストは違いますね。個人的にはヨーヨーマより好みの音楽家かもしれません。

指揮の秋山和慶氏、この方の音楽は「知的」です。なのに内側で燃えている。
…高級圧力鍋って蒸気が吹き出すまではぴくりとも歪まないのだとか。そんなもので例えたら失礼なんですが、身近なところでいうとそんな感触でしょうか。寸分の狂いない中で完璧に音楽を表現しきっているのが凄い。コンテンポラリー畑の僕らにはそれは時に「矛盾」と考えることがあるんですけど、秋山氏の音楽はそうではありませんでした。脱帽!!

コンサートというと、とても堅いイメージがありまlすがそんなことはありません。海外では特にそうですが、ジーパンにシャツでカジュアルに楽しんでいる人も大勢。僕もそんな感じです。そして今回は若い人や一人で聴きにきている人も多かったようです(^o^)

ハイレベルな音楽をもっと身近に楽しめる環境があれば、この国の文化や人の心の中がもっとかわってゆくと思うんですけれどね…。難しいのかなあ。

とにもかくにもクラシックはやっぱりで聴くべし。
…というより音楽は…
生演奏に限ります!
…今日改めて思いました。

大阪フィルの定期演奏会は素敵なプログラムが多いのでオススメ★
また良いコンサートがあればご紹介します。

最近の疲れをすっかり癒す、
最高の音楽でした…(^o^)

ふわぁ〜・・・
ねむくて詳しいレビューが書けません〜・・・
また後日!!!!!!!

★ポチッと押して行って下さい★

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 小林 亜希子 より:

    昨日はありがとうございます!
    私も秋山氏は「知的」という言葉がぴったりだと思います。あの完全にコントロールされた、無駄のない棒でついてこれなかったら、こっちの責任\\//!尊敬のまなざしで見ています。

  2. 新井洋平 より:

    素晴らしかったです!!
    ありがとうございました。僕はまだタクトの見方がよくわかっていませんが(笑)「無駄がない」というのはその通りだと思います。
    コバケンさんとはだいぶ違う感じですよね。

    またあんなオケが聴きたいです!


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像