JKカフェ(井野アキヲ&新井洋平)〜「田ぶち」のラーメン

洋平です。

今日は2011年、一発目のJKカフェでした!

・・・あ、みなさん今年もよろしくお願いします(笑)
遅い、ですね。


茶色い内装の落ち着いた雰囲気と気さくなマスター、ウマイ珈琲。
僕は本当にこの場所が好きで、パワースポットみたいなものになってます。

ここJKカフェにて定期的にするライブ。
数年来の知己、アキヲ君とのデュオはとても貴重な時間であります。

今回は前日に思いついた僕のオリジナル作品と、昨年の演劇に書き下ろした洋平&アキヲ作品を。
あとはゆるゆるスタンダードです。

文句ひとついわずに素晴らしいトーンを放ってくれる井野アキヲ氏、いつもありがとう。今日も店の中にマイナスイオン充満させてきました♪

次回は3月28日です。
まだ僕たちのデュオ演奏を体験していない方は
是非まどろみにいらしてくださいね。お楽しみに。


終了後はJKカフェの近所のラーメン屋『田ぶち』で!
ライブ後の外食って結構久しぶりかも。

メニューの先頭にかいてあった「しょうゆラーメン」をチョイス。
サッパリした「中華そば」というニュアンスで大好物の超細麺!
やさしい香りのスープと最高のコンビネーションです。

ローストしたタマネギが薬味で入っていてこれがまた絶品。

麦ごはんと餃子も頼んでいたのにかかわらず、さらに替え玉も追加。

ざるそばみたいにスルスルとお腹に入ってしまうんですね。
こんなラーメン久しぶりです。ごちそうさま!

タグ


2011/01/28 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:日記

【再】秋色クリームパスタ(レシピ付き!)

古い方のブログで好評だったパスタメニューを転載しますね!
…知人から頂いた美しい器に張り切って盛りつけたものです。ちょっと今からの季節とは外れますが…夏野菜を使っているのでよしとして下さ〜い^^;

お味のほうは、手前味噌で申し訳ありませんが…
激ウマです。

■材料
かぼちゃ タマネギ なす 椎茸 鶏挽肉
太めのスパゲティ
チーズ(生パルミジャーノ、生ゴーダ、生モツアレラ)
チャービル 生クリーム

■調味料
塩 バター 普通のオリーブオイル
バージンオリーブオイル サラダオイル
醤油 砂糖 酒 ショウガ汁
こしょう(粗挽と細挽)
オレガノ ターメリック チリパウダー

■下ごしらえ
かぼちゃ……皮を剥いてタネをとり、適当な大きさにカット
ホクホクに蒸し、あら熱をとっておく。
タマネギ……テキトーに細かく切る。オリーブオイルで
透明になるまで炒めて、あら熱をとっておく。
なす1………極薄にスライスし塩水につけておく。
スライサーを使うといい感じ。
なす2………細かくみじん切り。
椎茸…………みじん切り。
鶏挽肉………酒とショウガ汁を「少しだけ」加えて練り、
臭みをとっておく。臭みだけとれれば良い。
チャービル…冷水にさらして緑色強化!
合せ調味料…砂糖、醤油、酒を合わせる。砂糖強めの和風に。
量は少なめでOK。

【ソース】
・下調理したかぼちゃとタマネギをミキサーへ。
生クリームを加えながらトロトロのペーストにする。
クリーム色になったらOK。
(クリームを加える前に裏ごしすると更に滑らかに。)
・フライパンにバターを溶かしかぼちゃペーストを流しこみ
軽くプツプツするまで熱する。おろしたパルミジャーノとゴーダ、
潰して漉したモツァレラを加えてトロトロにする。
鮮やかな色を出す為にターメリックを加える。
・塩と「細挽」こしょうで味を整える。
あれば少しだけ白ワインを隠し味に。

【パスタ】
・できれば甘い岩塩でゆでる。

【トッピング】
・「なす1」をオリーブオイルで素揚げ。焦がさないように!
紙を敷いた皿にとり油を切る。なすが崩れやすいので取扱注意。
・フライパンにサラダオイルを温め、「なす2」と「椎茸」投入。
弱〜中火くらいで油をなじませ、挽肉も加えて火を通す。
合わせ調味料を加えてさらに炒め、
オレガノとチリパウダーをアクセントに。
炒めすぎないうちに火をとめる。

【盛りつけ】
茹で上がったパスタにソースを絡め平らに皿にもる。
その上からさらにソースをかけ、素揚げなすを乗せる。
中心に挽肉をトッピングし、好みでチャービルを乗せて彩り。
仕上げに、好みでバージンオイルと
粗挽きこしょう、パルミジャーノを振って出来上がり。

※生ゴーダと生モツァレラは、なくても良いです。
※オイルはサラダオイルだけでも良いです。
※チリパウダーとオレガノはなくても良いです。
※チャービルでなくても、タイム等の爽やかな香りが合います。
※特に塩、醤油、酒はできるだけ上等なものを使って下さい。
それだけ味が変わりますよ

タグ


2007/05/29 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:日記

「黒カレー」で永久に美しく…

出来上がりの写真をみせた人達のほとんどから「なんじゃこれ!?」と言われました(笑)なかなかこんなメニューを口にすることは無いでしょうね。でもこの色目からは想像もつかないくらいの素晴らしい味わいに仕上がりました(^o^)
…そして、更にポイントが高いことに、
健康美と若さのカレー
なのですよ。これホントに。特に女性には嬉しいメニューだと思います!

『黒カレー』

■材料
挽肉…500グラム 玉ねぎ…6個〜7個 黒ごま…150cc
スパイス類…大さじ3 純ココア…大さじ3
砂糖…適量 はちみつ…適量 コーヒー…適量
バター…適量 オリーブオイル…適量
醤油…少々 塩…少々 粗挽コショウ…少々
ショウガ…少々 レモン汁…少々
赤ワイン…少々
米…3合 黒米…大さじ1

■作り方
・米3合に黒米を大さじ1加えて炊く。
・玉ねぎを細かく刻み、オリーブオイルを引いた鍋で炒める。
・玉ねぎが茶色〜黒っぽくなったら挽肉とショウガを入れて更に炒める。
・スパイス、赤ワインを入れて煮詰め、バターを加える。
・すり鉢で黒ごまを細かくすりつぶして加える。
・砂糖、塩、コショウ、ココア、コーヒー、はちみつ、醤油で味付け。
量は味や香りを見ながら調整する。
・煮込んでできあがり!
・ライスを盛りつけカレーをかける。ライスにはレモン汁を絞る。

材料を見ての通り、ポリフェノール、セサミン、ギャバ…最近注目されている栄養素をたっぷり含んだ材料ばかり。超強力な抗酸化作用を誇る、超健康カレーなんです。
この色は黒ごまとココアの賜物。結構黒くなりますよ。
さらにご飯のこの色ですから、凄いインパクトです。

スパイス類は使っている数が多いので割愛…手軽に作るのであれば、S&B食品から出ている缶入りのカレーパウダーが良いでしょうね、これは調合済みのカレー用スパイスミックス、使いやすいですよ!

分量は殆どわかりませんのでかなり適当な数字です(笑)自分の好きな味になるように工夫してみて下さいね♪…すりおろしたリンゴやブルーベリージャム、マンゴーチャツネなんかも入れたら美味しそう!

★ポチッと押して行って下さい★

タグ


2007/04/15 | コメント/トラックバック(8)|

カテゴリー:日記

このページの先頭へ

イメージ画像