トリコAの演劇作品『和知の収穫祭』

忙しくなると、とたんにホームページの存在を忘れてしまう洋平です。

近年の僕の仕事のスタイルにはだいぶ変動が起きていますが、
タイトルにもある演劇制作集団「トリコA」との出会いもそのひとつ。
このたびまたまた大きなプロジェクトが動いています。

『和知の収穫祭』
[和知の収穫祭]オモテ面

これは京都府、京丹波町は「和知」を舞台に繰り広げられる壮大な演劇プロジェクト。
ふるくから伝わる文楽の演目をベースに、現代的にリメイク(?)した演劇を上演するというものです。

根底には地域活性という大切な役目もあるのですが、それは決してしんどいものではありません。それよりも、一度ここの空気に触れてしまうと本当に創作意欲に目覚めてくるというのが本音です。そしてトリコAの演出家、山口茜さんは、この秘境とも呼べる和知に住まい作品をつくってきました。

9月4日にUSTでのオープニングパフォーマンスを終えていますが、
じつはしばらくのあいだは録画を見ることができます。
残すところは、9月24、25日の和知公演。
そして10月28、31日の京都公演。

地域と人と芸術、はたしてこの作品がどんな意味を社会に投げかけるのかはわかりません。
けれど、人との緩やかながら深いつながり、自然がもたらすインスピレーション、相互に補い合うことで生まれる化学反応を、僕たちミュージシャンや参加しているスタッフも役者さんも、確実に感じて作品のなかにうめこむことができるのです。

目に見えないことが本当はいちばん大事だったりする。けれど説明のつかないことを人は恐れ、避ける。ものごとの価値は自らが見出すものだという真実を、いつしか忘れてしまったのかもしれません。

『和知の収穫祭』を体験することで、きっとなにかしらの答えとか、それにちかいものを手に入れることができるだろうなと、公演を目の前に感じている今日この頃です。

ご興味あるかたはトリコAのホームページに詳細がのっていますのでお手数ですがごらん下さい。

この演劇のためにつくった音楽は、大好きな数名のミュージシャン達が一緒に演奏してくれます。彼らがいるからこそ、僕はこうして音楽とともに生きながらえているのですよ。

ああ!感謝だ。

タグ


2011/09/10 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:日記

7/3,7/4 トリコA(山口茜)× 新井洋平b 井野アキヲgt 〜『せりふのないガラスの動物園』〜

さて、今回は演劇です。

でも役者ではないですよ!

第十回OMS戯曲賞大賞を受賞、そして文化庁の研修員としてフィンランド国立劇場での作品上演などもこなした気鋭の劇作家、山口茜氏が率いる演劇プロデュース集団「トリコAプロデュース」の舞台『せりふのないガラスの動物園』に、生演奏担当で出演いたします。

使用する音楽はなんと全て書き下ろし
知己である井野アキヲ氏とたった2人だけ。
作品の世界観を最大限に表現してみようと思います。
稽古も順調です!

7月3日と4日、各2回公演。
観覧ご希望の方はお知らせください!


トリコ・A演劇公演・アトリエ劇研演劇祭参加公演
京都芸術センター制作支援事業
『せりふのないガラスの動物園』

「もしかして彼はいま、私に恋をしているのではないだろうか」

テネシー・ウィリアムス「ガラスの動物園」
ローラをモチーフにした恋の物語。
一方通行の恋。叶うはずが無いのに、
叶うかもしれないと一瞬心を踊らせてしまった私。
母のように美しい過去もなく、
弟の様に見つめるべく将来も無い。
けれど私は今、恋をしている。
恋をすると、時間はとまる。

だから広がっていく、 私の美しい、まぼろし。

【出演】
二口大学 岩田由紀 大木湖南 四宮章吾(悪い芝居) 松本芽紅見

【演奏】
新井洋平 井野アキヲ

【会場】
アトリエ劇研
〒606-0856京都市左京区下鴨塚本町1
TEL 075-791-1966(10~18時)

【日時】
2010年7月3日(土)~2010年7月4日(日)
7/3(土) 15:00 / 19:00
7/4(日) 13:00 / 17:00
*受付は開演の30分前、開場は15分前より行います
*未就学時の入場はご遠慮下さい

【料金】
前売一般 2,500円
当日一般 2,800円
学生(前売・当日とも)1,500円

【前売取扱】

シバイエンジン
予約フォーム

トリコ・Aプロデュース
toriko@chips.jp
お名前・日時・券種(一般・学生・演劇祭観劇回数券)
枚数・ご連絡先電話場号をお知らせください

電子チケットぴあ
予約ページ
(日時指定、入場整理番号付)(PC・携帯電話共通)
0570-02-9999

アトリエ劇研
TEL.075-791-1966(10~18時)

【スタッフ】
構成・演出/山口茜
舞台監督/清水忠文
舞台美術/五木見名子
照明/池辺茜
音響/奥村朋代
衣装/南野詩恵
映像・宣伝美術/堀川高志
制作/小林みほ 川那辺香乃
助成/日本芸術文化振興基金

アトリエ劇研演劇祭参加公演
京都芸術センター制作支援事業
主催・企画・製作 トリコ・Aプロデュース

タグ


劇団10デシリットル第2回公演

友人の「べってぃ君」が所属している劇団

10デシリットルの公演のお知らせです!

ボクはいけるかまだわからないのですが、

おすすめなので是非どうぞ^^

以下、知人の音楽プロデューサー
森龍太郎氏の日記より抜粋。
——————————————————

劇団10デシリットル第2回公演
『そんな事言わないで…』
第34回大阪春の演劇まつり参加作品

例えば、地底人がいると噂され、
誰も近づかない不思議な洞窟が家の近くにあったらどうします?

本気で地底人を探してみる?
こっそり訳有りのデートに使ってみる?
お金もかかんないし芝居の稽古に使ってみる?

まぁ、それぐらいですか、不思議な洞窟の使い道なんて・・・

◆脚本・演出◆
永冨義人

◆キャスト◆
田中之尚 岡崎あかね
松岡眞吾 山本鷹也
置名渓吾 渡邉裕史
田辺学  山南あかね
井上遥介

加藤崇  池町さとみ
高馬悠一 後藤亜梨紗
鶴田朋子 宮本果実
飯田悠佳

◆公演日時◆
5月14日(金)
15:00 / 19:00
5月15日(土)
15:00 / 19:00
5月16日(日)
13:00 / 17:00

※ 開演1時間前より受付開始、入場整理券を発行。30分前より開場します。

◆場所◆
関西芸術座アトリエ

〒557-0042
大阪市西成区岸里東2-10-2

※阪堺電鉄阪堺線『天神の森』下車徒歩3分
※南海線『岸里玉出』下車徒歩5分
※ 地下鉄堺筋線『天下茶屋』下車徒歩10分
※地下鉄四ツ橋線『岸里』下車徒歩10分

◆チケット予約・お問い合わせ◆
TEL:090-1911-7691
MAIL:tendeciliter@hotmail.co.jp

今回は洞窟を舞台としたワンシチュエーションコメディです!
抱腹絶倒、間違い無し?是非ご来場下さい!!

詳細情報、公演一覧はこちらから確認頂けます

http://engekilife.com/company/3340

稽古場ブログ

http://ameblo.jp/tendeciliter/

タグ


2010/04/21 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:日記

このページの先頭へ

イメージ画像